マイナンバー制度の概要

マイナンバー制度がいつの間にかに、開始されることになって驚いている方も多いと思います。制度の概要を簡単に記載します。

 

マイナンバー制度は、国民一人一人に番号が振られる、いわゆる共通番号制度と呼ばれるものです。日本以外の先進国では、導入されている国が多いです。

 

マイナンバー制度は、住民票のある人が対象ですが、中長期滞在者や特別永住者などの外国人の方も対象になります。

 

マイナンバーは、12桁の数字のみで構成される番号で、当然ながら他の人とは重複しない番号ですし、一生涯基本的には変更できません。(番号が漏洩した恐れがある場合にのみ変更できます)

 

 

 

このマイナンバーによって、国民にどんな影響があるのかと言うと、行政手続きが簡単になるという部分があります。これまで、面倒だった行政手続きがかなり簡略化されます。

 

具体的には、これまで身分証明書と住民票の写し等、複数の提出が必要だったものが、マイナンバーの個人番号カードとパスワードのみで本人確認ができるようなイメージです。

 

まだ、具体的な運用については不確定の部分も多いですが、番号制度により、国民と行政機関の負担を減らすということができます。

 

また、税務情報や社会保障の情報とマイナンバーの情報がひも付きますので、脱税の防止などにもかなりの効果が期待されていますし、マイポータルと呼ばれる、ネット上で自分がどの社会保障制度が利用可能なのかを、閲覧できるウェブサイトも開始されます。

 

 

マイポータルにより、これまで知っている人だけが得をしていたお得な情報。例えば、子育て支援金のようなものなどもマイポータルを見るだけで、把握できるようになりますし、生活保護の不正受給なども防止できる仕組みになるようです。

 

 

マイナポータルについては、下記サイトが分かりやすいです。

 

>> マイナポータルの使い方

 

 

一見すると、メリットだらけのようですが、マイナンバー制度にはデメリットや注意すべき点もあります。それは、なりすましなどの犯罪です。

 

 

外国では、マイナンバー制度のような共通番号制度が普及していますし、実際になりすましの犯罪も多いです。犯罪被害に遭わないように、個人での管理も重要ですが、政府にはセキュリティには細心の注意を払ってもらいたいものです。

 

 

マイナンバーのなりすまし犯罪等については、下記サイトにて事例なども記載されています。

 

>> マイナンバーの悪用事例