マイナンバー制度と仮想通貨

マイナンバー制度で密かに話題になっているのが、仮想通貨です。仮想通貨とは、Bitcoinなどに代表される、インターネット上の新しい通貨です。一時期、ニュースで詐欺だ等、話題になりましたが、詐欺ではなく、新しい決済手段です。※もちろん詐欺を行っている業者もあると思いますが。

 

 

新しい決済方法とは?という疑問があると思いますが、メリットとしては、

 

・送金の手数料がほぼ無料

 

・送金にかかる時間が数秒〜数分

 

ということがあります。海外送金の場合を考えると、かなりメリットがありそうです。また、100円などの少額を振り込む場合には、使いやすいですね。募金等も活性化するかもしれません。

仮想通貨とマネーロンダリング

こうした特徴のある仮想通貨ですが、口座は、匿名性が高いために、マネーロンダリングなどに悪用される恐れも懸念されています。匿名の口座の為に、誰の口座か分かりません。仮想通貨同士で決済が成され始めると、それこそ、税務申告はかなりごまかすことができます。

 

仮想通貨は、実は、海外ではかなり普及していて、アメリカなどは、すでに歓迎ムードのようです。アメリカが受け入れるとなると、右へならえの日本も受け入れざるを得なくなると思いますが、仮想通貨に関する知識が日本政府には足りなさすぎて、手をこまねいているのが現状です。

 

おそらく、今後、規制等もかかると思われますが、海外で仮想通貨を換金して日本の口座に海外送金するか、海外で現金化したものを何らかの形で、受け取れれば、問題はないわけで、注目もされています。

 

 

現在、仮想通貨に関する法律は日本にはなく、「モノ」や「記録データ」という扱いです。ですので、金融に関する法律や税金に関する規制も少なく、仮想通貨を売買した場合も、「モノ」を仕入れて売ったという扱いになります。

 

 

海外では、仮想通貨に関する法律も出来てきていますので、今後日本でも進んで行くとは思われます。

 

 

仮想通貨は、それ自体は非常に便利なもので、大革命を起こすものではありますが、マネーロンダリングや犯罪への資金など悪用の恐れもあります。どうかいち早く日本政府が、正しい知識を持って、正しく使われる法整備をすることを願います。

 

 

 

マイナンバー仮想通貨

仮想通貨について、さらに詳しく知りたい方は下記サイトが分かり易いです。

 

 

> 分かり易い仮想通貨