マイナポータルを徹底解説します。

マイナちゃん

マイナンバー制度の実施が近づくにつれて、注目が集まっているマイナポータルというものがあり、こちらはマイナンバー実施から一年遅れとなる平成29年の1月から利用できるという予定になっています。

 

まだマイナポータルの仕様が不明ですし、認知度も低いですが、マイナポータルの機能やメリット・デメリットやログイン方法までを徹底的に解説していきます。また、当サイトのテーマである「副業問題」にも影響がある可能性もあります。

 

 

マイナポータルとは?

マイナポータルは、別名「情報提供等記録開示システム」」とも呼ばれます。マイナンバー制度において、インターネット上での情報提供サービスです。

 

何の情報を提供してくれるのかというと、自分のマイナンバーを含む個人情報を”いつ”、”どの機関に”提供したのかが分かるというものです。他にも、自分が利用できる社会保障サービスなども知らせてもらえますので、これまでは知っている人だけが貰えた手当や補助金なども簡単に知ることが出来ます。

マイナポータルのメリットとデメリットは結局のところ何?

 

メリット

自分の個人情報利用を監視できる
利用できる行政サービスが分かる

 

デメリット

情報漏えいの危険
その他まだ不明だが出てきそう・・・

 

マイナポータルのメリット

マイナポータルメリット

マイナポータルのメリットの中でも最大のものは個人情報の管理・監視です。マイナポータルによって、今までは見ることのできなかった自分の個人情報が行政手続きでどこに使われたのか?をインターネット上で簡単に閲覧可能となります。

 

マイナポータルはパソコンだけではなく、スマートフォンでの利用も可能としており、その場合にはICチップの搭載されたカードを利用するというログイン方法が取られるとされています。セキュリティ面も比較的強いとは思われます。そのため、いろいろな場所でも自分の情報を管理できると言うところも、メリットと言えるでしょう。

 

また、利用できる行政サービスを教えてもらえるという点もメリットです。これまでは、知っている人だけが得をしている状態でしたが、今後はマイナポータルによって、社会保障制度を本当に必要な人に届けられるようになります。

 

自分の所得や家族構成等、子どもの年齢などから、「子育て支援金」や「自治体ごとの支援金」、「生活保護等の対象かどうか?」などが分かります。自治体ごとの補助金等は様々なものがありますし、条件も分かりづらかったりしますので、かなり便利になると思います。

 

マイナポータルのデメリット

マイナポータルデメリット

次にこういったインターネットを使ったサービスにはつきものとなるデメリットですが、やはり個人情報の流出が懸念されています。実際に個人情報が一番多く流出しているのが、インターネット上のサイトであり、ログインの時にそのIDとパスワードを盗み取るというウイルスも多く存在しているのです。

 

そのためにポータルサイトを使ったログインでもパスワードが流出してしまう可能性があり、それによって他の人に自分の情報が丸見えになってしまう可能性もあります。先ほどメリットの点で書いたことなのですが、ICカードによるログイン方式ということは、ICカードの盗難による悪用も十分に考えられるでしょう。

 

また、まだマイナポータルの仕様が完全に公開されているわけではありませんし、今後新たな機能が追加されたりもするでしょうから新たなデメリットも出てくると思われます。

 

マイナポータルはメリットとデメリットを併せ持っており、注意して使えば便利なものとなりますが、もしも悪用されてしまえば、甚大な被害を被る可能性も忘れてはいけません。

マイナポータルのログイン方法

自宅でマイナポータルにログインするためには、下記のものを準備してください。自治体などで用意される、マイナポータルログインするためのパソコンなどの設備を利用する場合には、個人番号カードだけで持っていけば大丈夫です。

 

※高齢者の方などは、自分では出来ない方も多いでしょう。ですが、下手に利用すると騙される可能性もあるので親御さんがご高齢の場合には注意が必要です。

 

マイナポータルのサイトでマイナンバーとパスワードでログインするんじゃないの!?という方が多いと思いますが、違います。

 

マイナンバーは、今後民間利用も検討されていますし、情報漏洩については罰則も厳しいですし何より、悪用された場合の被害は甚大です。ですので、
マイナポータルは不正にログインされないために、個人番号カードが必要になります。

 

パスワードだけではかえって情報漏えいの危険性があることから個人番号カードに組み込まれているICチップの電子情報をパスワードを組み合わせてログインする仕組みになります。
ですので、個人番号カードがないとマイナポータルの利用が出来ないです。ここには、政府が個人番号カードを普及させたい意図も見え隠れします。

 

前置きが長くなりましたが、自宅でマイナポータルにログインするために準備するものは下記になります。

 

個人番号カード(マイナンバーカード)

パソコンやタブレットやスマホなど

ICカードリーダー・ライター

 

ここで、よくつまづく問題としては、ICカードリーダー・ライター(以下ICカードリーダー)って何?買わなきゃならないの!?いくらするの?という問題です。値段はそれほど高くないです。2〜3000円程度。ですが、持っていない場合は自腹で買う必要があります。

 

>>個人番号カード対応のICカードリーダー一覧

 

また、設定もする必要がありますが、それほど難しくはありません。

 

ログインの手順を下記に記します。

@パソコンとICカードリーダー・ライターをつなぐ
インターネットに接続しているパソコンなどの機器とICカードを読み込むためのICカードリーダーを接続します

 

Aマイナポータルのサイトにアクセスする
マイナポータルのサイトはまだ未公開ですが、最新情報が入りましたら随時情報を更新していきます。

 

B個人番号カードをICカードリーダで読み込ませる
個人番号カードは、ICチップが組み込まれていますので、それを読み込ませて個人を識別します。

 

Cパスワードを入力してログインする
個人番号カードだけでは、カードを紛失したり盗まれた場合に悪用される恐れがあります。ですので、個人番号カードのパスワードが必要になります。

 

ICカードのセキュリティは?

個人番号カードはICチップが組み込まれている、いわゆるICカードですが、その「ICカード」のセキュリティは大丈夫なのでしょうか?

 

結論から言いますと、ICチップはかなりセキュリティが高いです。理由としては、ICチップを不正に読み込もうとした場合に、保存しているデータを破壊して読み込めなくする機能があったりと、スキミングを防止するための機能に優れています。

 

ICカードの豆知識

ICカードは、磁気カードと比較して、データの大容量のものを記憶することができます。例えば、利用履歴、写真のデータ、複雑な暗号処理など、磁気カードでは取り扱うことができなかったようなデータも記憶ができます。

 

また、一枚に多くのデータを入れることが可能であるため、複数のアプリケーションをICカードに入れ込むことができます。一枚のカードが、こうすることで、クレジットカードになったり、定期券になったり、ポイントカードになったり、電子マネーになったり、家の鍵になったり、社員証になったりするなど、万能カードとしてICカードを使用することができます。

 

ICカードの場合には、接触型と非接触型がありますが、主に日本において使用されているのは非接触型の方です。非接触型のものは、カード情報をライター/リーダーに差し込まないで、かざすのみで使用することが可能です。使用する場合に手間や時間が取られないので、混雑している際の駅の改札やコンビニなどで非常に便利です。

 

さらにかざすのみであるため、ICカードと言うことでも、時計や携帯電話などへの組み込みができるようになりました。また、カードの汚れ・磨耗などの恐れがなく、メンテナンスも不要で、非常に効率的です。

 

今や、クレジットカードはほとんどがICチップつきのものになってきています。しかし、すでに日本で発行されていクレジットカードのうち32%ほどは、ICカードではないようです。

 

数年前に作ったクレジットカードの場合は、ICカードではない恐れがあります。